Page: 1/2   >>
四国酒まつり



 明日は、池田で「四国酒まつり」。
 毎年行きたい〜、と念願しているのですが、土日に商売をしている関係上、今年も行けないのでした。

 すると、それを気の毒に思ったAさんが、今年も「蔵開き限定・芳水」を持ってきてくれたじゃないですか(^^)。しかるべき内緒のルートで、今年も手に入れたそうです。

 涙がでるほどうれしい限り。
 今晩も、しこたま酔いそうです。

 四国酒まつりについての情報はこちら


*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00


※下の「いいね!」ボタン、ポチッ・・・とお願いします(^^)↓



  
| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 19:08 | comments(2) | - | pookmark |
猛暑には氷山うどん
 




 さすがのうどん王国讃岐でも、とびきり驚きのうどんがあったのです。
 それは「氷山うどん」。

 カンのいい人はもうおわかりでしょう。
 そう、うどんにかき氷が乗っているのです。

 言ってみれば「冷やしうどん」の氷の代わりにかき氷・・・と言えば良いのでしょうか。驚きなのは、出汁が暖かいこと。出汁も冷たいと、これでは頭が「キーン」とするに違いないのでした。温いとちょっとホッとするのです(^_^;)

 

 かき氷を掘れば、麺が出てきます。
 この時期の麺と出汁は、ちょっと塩気の強い辛めかな。
 氷を頬張りながら、たべるとちょうどいいぐらいなのかもしれませんね。

 麺は、さすが製麺所をうたうだけに本格派。

 さあ、麺をすべて食べ終えて帰ろうとすると・・・
 「ちょっと待った」と店主の声。「氷も食べていってよ」と。

 「えっ!?」
 残った氷にミツをかけるのかと、ちょっと驚いたのですが、実は違って、氷を新しく入れてくれます。食べていたドンブリに・・・(^^)。

 

 そう、氷山うどんは、かき氷がセットなのでした。
 子どもも喜びそう。

 猛暑のこの時期、変わり種ですが、こんなうどんもイイ物ですよ。
 ぜひお試しあれ。

 
 
 やまと製麺所

 高松市木太町のコトデン長尾線の林道駅すぐ近く。
 駐車場は、店主に聞いてみてください。すぐ近くの素晴らしい所を教えてくれます。

 ちなみに氷山うどんは390円。
 もちろん食後の氷とセットです。

*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00


| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 18:51 | comments(0) | - | pookmark |
バイキンマンのケーキ


 


 中学の同級生のケーキ屋さんが、キャラデコを持ってきてくれました。
 それはバイキンマン。
 そもそも、頼んだものじゃないのですが・・・

 なんでウチに来たかというと、地震の影響でお客さんの元へ送れなかったからだそう(冷凍して送るみたいです)。

 ・・・で、ウチの家族が代理で食べることになったのです(笑)。
 もちろん、誕生日でもないのにケーキがやって来て、子どもたちは大喜び!


 同級生によると、どんなキャラクターでも相談してね!ということでした。
 僕も、子どもの誕生日毎に、無理なお題を出して困らせています(笑)。

 写真のような立体でも、平面でも可能。もちろん全国通販可能(クール宅急便で送れる所)。

 詳しくはコチラから。
 お子さんの誕生日にいかがですか?
 

*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00



| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 17:23 | comments(0) | - | pookmark |
飲みたかったお酒

 



 屋島工房のおなじみAさんが、お酒を持ってきてくださいました。
 その名は、「悦凱陣」(よろこびがいじん)。
 金比羅さんでおなじみの琴平に蔵がある、丸尾本店のお酒です。

 ここ丸尾本店は、幕末に桂小五郎や高杉晋作が潜伏していた・・・という由緒ある酒蔵。大量生産じゃなくて手造りにこだわったお酒です。

 なかでも頂いたのは、無濾過生の純米酒。地元の酒米「さぬきよいまい」を使ったお酒。とっても入手困難だそうで、僕もはじめて見るシロモノです。

 ラベルに書いている「KU16」とは、従来の酒造米「オオセト」と「山田錦」を交配し、以降系統選抜を行った酒造米のこと。玄米におけるタンパク質含有率が低いのが特徴らしいです。

 香川県初のオリジナル酒造米ということで、讃岐弁の「酔いましょう」から「さぬきよいまい」と名付けられた米です。

 ウンチクはともかく、ああ・・・また晩酌の楽しみが増えました。
 味は、なんといろんな味が深い(スンマセン日本酒インプレは素人で・・・)。
 サラッとしたお酒が多い中、ちょっと濃い味。でもそれが嫌味じゃないんです。
 
 ここの蔵、あの「美味しんぼ」54巻でも、オススメの銘柄の一つとして掲載されているそう。(僕もそうなんですが、「美味しんぼ」って僕ら素人のウンチクの原典だったりしますね。)

 コメも仕込みも全てメイド・イン・カガワ。
 イイ物を作って、お客様に訴えたい・・・という姿勢。
 何かと親しみを感じてしまいます。

 オススメです。


*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00




 
 
| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 12:11 | comments(0) | - | pookmark |
太刀魚巻きがやってきた!
 




 先日、ワザワザ宇和島まで行ってきたのですが、ど〜しても食べたかった・・・というのは太刀魚巻のこと。

 あの長〜い太刀魚を、竹の棒に巻きつけて、独特のタレでつけ焼きにしたもの。

 コレ、久しぶりに出会った絶品!
 わざわざ行く価値があるのです。

 宇和島ツーリングのレポートは、ペアスロープのHP内「一日二輪旅」をご覧下さいね。


*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00


| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 04:55 | comments(0) | - | pookmark |
屋島にもカキ焼きのお店が・・・
 




 すっかり、高松東部の冬の名物となったカキ焼き。
 僕も大好き・・・、なんたってあのスコップでカキを放り込んでくれるワイルドさ。
 「えっご存知ない」・・・って方は、数年前のレポートをご覧あれ

 でもね、いくら食べたいからって、カキを「もう食べられない・・・」ってほど食べるのは、相当勇気いる行為。お腹との相性もあるし、ダイエット中なら問題あり。

 ちょっとでいいからカキを食べたい・・・という貴兄。
 屋島にいい店があるんです。

 店の名は、漁師の店吉宗。屋島西小学校のすぐ近くです。

 今回の狙いは、「旬の牡蠣天ぷら丼」。カキを天ぷらにして食べるなんて、これまで考えたこともなかったですよねぇ。
 味・・・聞くに及ばず。美味いに決まってら〜。甘辛いツユに絡まったカキの天ぷらが美味いんですよね。噛めば美味い汁が出てくるんです。幸せなひとときでした。味噌汁、お新香、コーヒー付きで850円。

 ここの店、冬季のメインは他のカキ焼きの店と同じく、囲炉をかこんで焼くタイプ。でも、嬉しいことに、一つからでも焼いてくれるんです。お酒のアテに、これまた最高(1個150円)。もちろん頼みましたよ。

 今がまさに旬。絶対にオススメです。



*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00




| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 21:33 | comments(0) | - | pookmark |
うーんやってしまった(パフェ編)


 


 先日、スゴイ物を食べてしまいました。
 それは巨大パフェ。

 ゆめタウン高松のレストランで、ショーケースに鎮座しているのは知っていたのですが、「食べることは無いだろう・・・」と思っていたシロモノ。

 子どもたちに相談すると、「食べてみたい・・・」ということなのでチャレンジしたのです。でも、トンデモナクでかかったのでした。もちろん頼んだ後「ちょっと後悔」。

 写真ではわかり辛いのですが、てっぺんに小さくコーンが写っています。コレ、ミニチュアじゃなくて普通サイズのコーン。それから大きさを想像して下さい。

 甘いもの好きの大人4人掛かりで何とか完食できるサイズでしょう。
 ウチ大人2人だったので、だいぶ手こずりました。
 いつもは、奪い合いの子どもたちも、今日だけは譲り合い・・・。

 しばらくパフェは、見たく無いですね。
 オッサンの食べる物じゃないと、深く反省した次第です(笑)。


*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00



| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 17:50 | comments(0) | - | pookmark |
流しそうめん




 



 どこかのTVで、子どもたちが流しそうめんをやっていました。
 それを見たウチの子どもも、「あれやりたい・・・」と。

 僕・・・ああええよ。どっかから竹切って来たるわ。なんて生返事したものだから、さあ!大変。
 子どもたちは、「流しそうめん早くしてよ!!!」と夏休みに入ってから、連呼の毎日だったのでした。

 さて、山から竹を切ってきて、節を取るのも、考えてみたら相当面倒なので、どこか流しそうめんをやっている所をさがすことに。
 そしたら意外や意外・・・近い所にあったのです。


 場所は、徳島県美馬市。半田そうめんで有名な所です。

 半田そうめんとは、普通のそうめんより太いのが特徴。
 吉野川の清らかな水を使っていて、四国ではメジャーなそうめんブランドです。

 元々、奈良の三輪そうめんを手本としたらしく、農家の農閑期の産業として根付いた・・・ということらしいです。


 香川からだと、国道438号を坂出方面から南下し、県境のトンネルを過ぎて、数キロ行ったところにお店はあります。

 店の名前は「森の小屋」。地元の製麺所の親父さんが、やっていて、親父さん手作りの小屋で、そうめんを食べさせてくれます。

 そうめんの茹で上がりを待つこと数分。親父さんが少しずつ、流してくれます。

 もちろん「美味い!」。太麺なので、麺が水っぽくならず、いいですねぇ。
 子どもたちは、上流でそうめんを堰きとめ、僕になかなか回ってこないほど。

 楽しいひとときを満喫したのでした。

 料金は1人前500円ほど。 夏季限定で昼のみ、水曜日はお休みだそうです。

 高松・徳島から1時間と少々の所。ちょっとしたツーリングに、ぜひおすすめです。


*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00
 

| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 15:01 | comments(0) | - | pookmark |
ホルモンうどん




 


 昨日は、岡山の津山近くに行く用事がありました。

 そういえば、最近津山といえば「ホルモンうどん」が有名。
 B級グルメコンテストでも入賞? したとの事。したがって地元TVでもよく取り上げられています。

 でも僕、食べたことないのです。一回本物を食べとかなきゃ・・・。
 (屋台の出店では食べたのですが。)


 訪れたのは、津山駅からほど近い「吉平」というお店。佇まいは、学生がよく訪れそうな小さなお好み焼き屋さんです。
 早速「ホルモンうどん」を注文。ジュージューと目の前で焼いてくれます。香ばしいホルモンのニオイが漂って、食欲がそそられます。そしてすぐに出てきました。

 口に入れると、やっぱりホルモンがウマい・・・。
 ちょっと辛めの味噌ベースの味付け・・・(これウチの焼肉で使う「金龍」のタレによく似ている。)が合いますねぇ。

 この辛さに合うのは、やはりビール! 「おねえさん、生一つ」と言いたかったのですが、残念ながら今回も車。断念したのでした。

 でも、美味しいのは確か。しかもホルモンさえあればどこでも出来そう。早速家でも試そうと思ったのでした。


 さて、余談ですが山陽道と中国道を結ぶ岡山道が無料となったので、津山までの高速代がとっても安くなりました。また行きたいですねぇ。

*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00



  

| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 11:15 | comments(0) | - | pookmark |
出雲そばを食べに行く




 



 先週、ちょっとお休みをもらいまして、山陰地方へ出かけてきました。
 子どもたちは春休みなので、平日でも遊びに行けるというワケです。

 目指すは出雲。出雲大社のある街です。嫁の友だちがいるので、会いに行く・・・ということなのですが、僕は「出雲そば」の方に興味深々。

 門前には、何軒かのソバ屋がありまして、その中の一つをチョイス。
 名物はこの小さな容器に入れられ、重ねられた「割子そば」らしいのです。


 小さな急須のような入れ物に入れた出汁をかけ、卵をグチュグチュっとつぶして食べるのですが、麺自体はボソボソっとした食感。麺は長くなく、すする必要はあまり無し。蕎麦の香りは高く、これはこれはイケているのでありました。

 下の段は、上の段で残った出汁と卵をかける・・・という具合。
 「おいしゅうございました」。

 でも、讃岐人にはちょっと??? な所も。
 1.待ち時間が長い。 小一時間出てくるのにかかりました。いくら混んでいても、ちょっと待たせすぎ。讃岐じゃ麺はファストフードなんだから。
 2.高い! 一人前1000円弱。家族5人(チビ3人)で3000円強。讃岐じゃ、家族全員お腹いっぱいになっても、1000円でお釣りが来ます。おにぎりと天ぷらを食べても・・・。まあ観光地だからしゃぁないか・・・。


*************************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

金・土・日・祝のみの営業(祝日は不定休)
営業時間 11:00〜19:00


 

| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 13:25 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

twitter

facebook

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed