Entry: main  << >>
売ったものは、寿命が尽きるまで。


 写真は、ウチの定番ミニメッセンジャーバッグ。「屋島鞄」と名付け、発売を初めた頃に作ったバッグです。

 なんで製作した頃がわかるのか? それは年ごとに微妙にディテイルが違うから。革や材料(副資材)など、作り手しか知らない変更が時々ありますから。それと、ウチには顧客リストがありますからね。この鞄は、○○さんに2011.1.10に販売したもの・・・というのがわかるようになっています。

 今回は、縁取りに使うオイルドレザーの巻き直しをしました。使用するときに、フラップの革の部分をひっぱるのでしょう。帆布が耐えられなくなって、一部ほどけてきました。せっかく革が飴色になって、味が出ていたんですけどね。革には針穴が開きますので再利用はせず、新しい革で巻き直しとなりました。でも天然素材の帆布は、さすがですね。使い古した感じが出て、いい具合になってます。

 さて、僕らにとって当たり前のこんな修理ですが、あなたの鞄は、メーカーに修理してもらえます?
 5年前のバッグを修理できる所ってとても少数派だと思います。同じ材料が無いとできないし、鞄をバラして糸をほどくことになると、その手間は、新品作るより大変なことも。

 でも・・・ほんのすこしの不具合で大切なバッグが使えなくなることって、とっても悲しいですね。せっかくウチの鞄を買ってくれたのですから、修理はお客様への恩返しのつもりでやっております。

 もちろん修理は、初期不良以外は有償です。鞄の状態によっては、修理をお断りする場合もあります。詳しくはお問い合わせください。

*******************************************


オートバイ用グローブの専門店 屋島工房

〒761-0112香川県高松市屋島中町389-5
TEL 087-843-2704 (FAX兼用)
http://www.ohara-glove.com/

土・日・月のみの営業(祝日の営業は不定です。)
営業時間 11:00〜18:00


※下の「シェア」ボタン、ポチッ・・・とお願いします(^^)↓




 
| 尾原手袋製作所 屋島工房 | 17:50 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

twitter

facebook

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed